デリケートゾーンなど女性のお悩みは専用石けんや便利アイテムで解消

微笑む女性

あそこのかゆみの理由

女性

女性が妊娠・生理問題に続いて婦人科相談する悩みに多いのがカンジタです。性交渉がなくても、起こりえるため、割合としては5人に1人の女性が発症しているとも言われています。かゆみと臭いとおりものがあるなら相談しましょう。

あそこの悩みを解決

悩む女の人

黒ずみに臭いにかゆみ、気になるデリケートゾーンのお悩みには専用ソープがオススメです。デリケートゾーンを洗うとき、石けんやボディーソープを使っている人も多いのですが、意外と汚れが綺麗に落ちてないことが多いのです。また、無理にゴシゴシとデリケートゾーンを洗うと、色素沈着が起きやすくなります。臭いとかゆみに悩んでいる人は、利用している石けんを変えるのがオススメです。デリケートゾーンの精液や経血、分泌物はタンパク汚れ。これと垢、トイレットペーパーの繊維が固まり、恥垢が性器のヒダや間に貯まります。その垢に雑菌が繁殖するのです。これが臭いとかゆみの元です。このトラブルを解消するのが、洗浄力がありながらもデリケートゾーンを守りながら洗う効果の専用石けんです。専用石けんは、デリケートゾーンの薄い皮膚にも配慮されている上、さらに粘膜から吸収される毒素についても考えられています。経口で毒素をとると肝臓などが分解しますが、薄い皮膚からとると、毒素が直接吸収されます。皮膚の薄い所であるデリケートゾーンならなおさらです。粘膜吸収は吸収率が一番高いのでかなりの危険性があるのです。例えば目の粘膜や性器の粘膜からアルコールを摂取すると何倍もの速さで酔いが回ります。急性アルコール中毒で搬送される事件もあったほどです。それほどに粘膜からの吸収は速く体に影響を及ぼします。デリケートゾーンは膣の口や尿道など粘膜部分がある場所です。体を洗う以上に気をつけてケアをするのが重要です。

赤みとかゆみを解消の秘訣

花と女性

ナプキンかぶれのつらい症状は、清潔と衛生面、肌摩擦の3ポイントを抑えての対処が◎です。肌触りの良い生理アイテムを探して、清潔にして、衛生的に保ちましょう。それだけでかぶれを解消が可能です。

胸を育てる下着

下着姿の女性

今や時代は大きく見せる補正より、育てて実際に大きくする育乳の段階です。育乳ブラでしっかりと肉を拾って、ブラジャーを外しても崩れ落ちない美乳を作ることが出来ます。自分に合った育乳ブラを探しましょう。